HOME   »  パチンコ・パチスロスーパースター列伝
RSSフィード
images_20140610210815703.jpg

萌え台というものが、いつの間にか一つのジャンルとして当たり前になってきた。
いや、もはや萌え台という垣根はなく、萌え要素のあるST機、女の子の作画に特化したAT機という台の付属情報の一つになっているのではないか?

4,5年前は、萌え台に対しての偏見はあったように思います。
(ちなみに私も当時、萌え台の偏見について語っています → 長文、萌えスロと僕

今はただ単に萌えだからという理由で倦厭する人は確実に減っている。

明確な転換点というものは無かったのではないか?

これはパチ、スロメーカーの思惑に少しずつ侵食された結果、というより時代がそうなったんじゃないのか?
パチ、スロに限らず、あらゆるジャンルで「萌え」要素がある何かをよく見かけるようになった。
深夜アニメや声優に対しての話題をよく耳にするようになった。
(僕の小さなリアルコミュニティではないです。あくまでネット上で。)

とまあ、前置きが長くなりましたが、私にとって萌え台に座る、という抵抗がなくなったのがツインエンジェル2からだったんじゃないかな?と思ってます。
cr_tetuya

俺が今一番続編を期待する台。哲也。

当時スロ中心だったのに、この台だけは熱心に打ったなあ。マックスもライトミドルも。
きっかけはスロ哲也にはまって原作コンテンツに興味があったから。

この台人気あったみたいで、導入しばらくは満席が続いた。

これダイイチ的にヒットなのかな?
初代バカボン、ピンクレディ、レレレにおまかせ、明菜も多少はヒットしたんだろうけど、俺がダイイチってメーカーを意識したのは、この台からだよ。
images_20140604080630b4a.jpg
↑アリストレインボー。ほとんどスイカです。

おそらく俺がパチ、スロ合わせて、一番はまったコンテンツ「哲也」。
打つ前からの原作漫画ファンってわけじゃない。存在は知っていて、軽く読んだ事がある程度。

この台を打ってから、原作漫画は読破しました。まあまあ面白い。
原作の原作小説「麻雀放浪記」は傑作。西原理恵子の奴じゃないよ。阿佐田哲也の奴。
ギャンブラー必見の書です。
imgres_201406020313335d7.jpg
CRルパン三世 ~消されたルパン~ 394ver.スペック
大当たり確率 1/394.8 (確変中:1/39.5)
確率変動確率 82%


CRルパン三世 ~消されたルパン~ 299ver.スペック
大当たり確率 1/299.3 (確変中:1/29.9)
確率変動確率 77%


今、現在も高稼働を続けるルパンシリーズの最新作。

調子に乗って増台、増台で、客付きが落ち着いてきたとは言え、
今もまだルパンの天下。

ってか、これって去年導入された台だよな。
すごいわ。
sangokusi.jpg

俺が信長の野望に引き続き、はまった台。

何故IGTなのか?何故KOEIなのか?

IGTなのは理由がない。
ただKOEIの元ゲームは思い入れがあるので打つきっかけにはなりました。

文字数稼ぎのためにスペック表を載せたりしてたけど、面倒くさいので止めた。
テーブルタグとか書くのしんどい。簡単に書ける方法、誰か知らない?

ともかく詳しく知りたい人は(今更いないと思うが)、「三国志 スペック スロ」って検索ワードに入れれば出てくるよ。
うん。
広告

このブログについて
不自由な日本語で適当に書き殴ってます。
訳あって自由業。国民健康保険バカ高くてまいってます。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ
BLOG RANKING FC2 スロットブログ スロット日記へ
月別アーカイブ
広告

PAGE TOP

パチスロ