HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトパチンコ・パチスロどうでもいい話  »  パチンコであった謎な話
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク


稼動がないので書くこともない。
と言うわけで昔話でも。

僕はパチンコ、スロットで、俗にいう旨い話というものはない。

おばちゃんが換金間違えてウハウハ、綺麗なお姉さんに逆ナンされた、なんて事は起こったことがない。確変中、ART中の台を譲ってもらったという経験さえもない。(拾ったことさえ怪しい。)

逆に換金間違えられて損した、ドル箱取られた、コーヒーガールにコーヒーこぼされたなど、嫌な思いは結構ある。

旨い話はないけれど、謎な話はあった。

まだパッキーカードが主流だった頃の話。
10年くらい前かな?

昔住んでた場所近くのホールで海物語を打ってました。
普段はまったくそこへ行きません。それほどパチンコにのめりこんでなかったので。

しかし、しょぼい店だ。客付きもさっぱり。
今のカード1000円分だけ打って場所を変えようと思ってた。

飲まれておしまいというときに、隣の空席に見知らぬおっさん(40代肉体派)が座る。

おっさん「調子どう。この店あかんやろ。」
「いやー、全然だめ。もう帰ろうかな。」
おっさん「なんよ。にいちゃん。もうやめるの。俺のカード使いよ。」

なぜ?知り合いじゃないよな?

「いいよ。もう帰るし。」
おっさん「いいから。いいから。じゃあ半分ずつにするか。」

おっさんは俺の台にバッキーカードを突っ込み、1000円分の玉を貸し出し。

・・・なぜ?こんなことをするんだ?何が目的だ?

「わるいよ。こんな事してくれなくてもいいのに。」
ただより怖いものはない。とにかく早くこの場から去りたかった。

気持ち弱めに打ち、消化スピードを早める。
その間もおっさんは喋り続け、コーヒーまで俺にくれた。会話は覚えていない。


・・・・玉がなくなった。


おっさん「この店やっぱ駄目だな。別の店一緒に行こか。俺、車だから。」
「・・・・・・・。」
「ちょっとトイレ行って来る。」
おっさん「車を表玄関に回すから後でな。」


裏口のフェンスを乗り越えて逃げました。


それ以来そのホールへは行っていません。
おっさんもその後見た事はありません。

彼はいったい何者だったのでしょう。
ただの気前のいいおじさんだったのかもしれません。
関連記事

スポンサード リンク


Relate Entry
Comment
127
No title
そのおじさん。
俺の前にも表れてくれないかな~@p@

なんてウソウソ。
こわいですねぇ

本当、ただより恐いモンは無いですよ。
でも、俺は本当に困ってるので、タダに食いつきそうで恐いです^p^

元々負け組な俺ですが。
最近はより一層勝てなくて、凹み中ですw

一緒に波乗って快勝報告したいですね~^0^

129
Re: No title
>>うゆすけさん
結構恐怖ですよ。見知らぬ人がお金くれたりするの。

>最近はより一層勝てなくて、凹み中ですw

僕は勝てない以前に稼動する時間、金がないっす。
快勝報告していですねー。

132
No title
知り合いでもないのにv-61をくれる・・・まさかアッチのお方だったとか!?@@;
なんて想像するだけで怖いですねぇ(笑)
もしかしたら、打ち子でも集めてたのかもしれませんねv-9
少なからずソッチ系の方は恐いお兄さんだったりする確率も高いので、逃げて正解だったかもしれませんw

134
Re: No title
>>MIKItanさん
コメントありがとうございます!

打ち子はちょっと興味があったので、ついていったらやっていたかも。。。
でもアッチのお方やソッチ系のお方だとアレだったので後悔はありません。

Trackback
Comment form
広告

このブログについて
不自由な日本語で適当に書き殴ってます。
訳あって自由業。国民健康保険バカ高くてまいってます。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ
BLOG RANKING FC2 スロットブログ スロット日記へ
月別アーカイブ
広告

PAGE TOP

パチスロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。