HOME   »   雑記  »  男の背中
RSSフィード
2009.05.22
コンビニで弁当を買いに行く。

昼食時なので混んでいる。
人の群が混沌としていて行列の最後がわからない。
惣菜コーナーまで侵食している集団がそうなのか?

ふー。こんな事でうろたえるなんて社会のいい餌だぜ。
俺判断に間違いはない。並ぶ。

並んでしばらくすると後ろから女の子の声が。
「私たちの方が先に並んでたよね~。」
「むかつく。」
「ほんとむかつく。」

聞こえよがしに言いやがって!畜生!

お前たちパン選びながらベチャクチャ喋ってたじゃないか!
前の人との間隔も結構開いてたぞ!

あれを並んでいるとはみなせない。みなさない。
だから譲らない。

しかしショックだ。
こんな小娘どもになめられるなんて。
俺の雄としての力が弱まっているのか。。。


だが俺は振り向かない。

怒りと悲しみで顔を真っ赤にしながら、塩やきそばを購入。
出口に向かい、前へと足を踏み出す。

温めてもらわなかったが後悔はしていない。
関連記事

スポンサード リンク


Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
広告

このブログについて
不自由な日本語で適当に書き殴ってます。
訳あって自由業。国民健康保険バカ高くてまいってます。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ
BLOG RANKING FC2 スロットブログ スロット日記へ
月別アーカイブ
広告

PAGE TOP

パチスロ