HOME   »   思いつくままに  »  ラーメンの新しい展開について考えてみた
RSSフィード
神倉でラーメンを食っているとき、ふと思った。

テーブルにはお好みで投入する調味料がある。
にんにく、こしょう、ニラ、豆板醤など。

これらは投入するとラーメン自体の味が濃くなる。
俺の場合、最初に入れることもあるが、
だいたいは最初は入れずに味わい、味を変えたいと思ったときになんとなくぶち込む。

でもラーメンを食べていると途中で口をさっぱりさせたくなる。
それはラーメン自体のせいもあるが、ついでに頼む餃子、から揚げのせいもある。

でも、こういう店ってだいたい口をさっぱりさせるものって、あってもデザート系のものばっかり。

だからラーメンにレモン汁を入れるってどうだろ。もしくは日本蕎麦でいう蕎麦湯的なもの。
味を濃くするんじゃなくて、あっさりとしていくという方向に考える。

これは新しい展開にならないだろうか。

でもラーメン自体が美味しくなくなる可能性の方が高いな。

ごはんにレモンを添えるというほうがいい感じかも。
舌が飽きたところにライスにレモンを少ししぼったら、結構いけるからな。

逆転の逆転の発想。

でも既に誰かがやってそうな気もする。
それに落ち着いて書いてみると、たいした発見じゃない気がしてきた。
関連記事

スポンサード リンク


Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
広告

このブログについて
不自由な日本語で適当に書き殴ってます。
訳あって自由業。国民健康保険バカ高くてまいってます。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ
BLOG RANKING FC2 スロットブログ スロット日記へ
月別アーカイブ
広告

PAGE TOP

パチスロ