HOME   »   思いつくままに  »  パチンコ・パチスロを始めたきっかけ
RSSフィード
freesozai.jpg

パチンコ、パチスロを始める契機ってなんだろうか。

なんらかの要因でパチ屋に行き、そこでビキナーズラックで勝ってしまい、味を占める。
または負けてしまい、取り戻そうとして、泥沼にはまり込む。

良い悪いは別にして、人によっては射幸心が煽られて、パチ屋通いが普通になってしまうんだろう。
パチンコ・パチスロを覚える前、覚えた後で、人間が変わってしまう人もいると思う。

人によっては程よい刺激を感じられる娯楽。
人によっては地獄への入り口。
人によっては優越感を得るため、または生活するための道具。

それの始まり、起源、根源って何だろうなってのが、今回のお話。
つまりネタ切れなので無理矢理なんか書いてみるって試みです。

思いつくまま列挙してみる。

スポンサード リンク



1.他者からの誘発
1-1.友人からの誘い
おそらく、このパターンが一番多いんじゃない?
俺はそうです。あれは16歳の春・・・と長くなりそうなので止めとく。
同級生である友人がなぜパチンコを覚えてたのかは謎。
噂では知り合いがパチンコ屋を経営しているとか聞いた。

1-2.同僚、上司からの誘い
まあ人間関係を円滑にするためのパチンコってのもあるんじゃない?
煙草と同じく、コミュニケーションツールとしてビジネスシーンで活躍する必要悪。
煙草と同じく、まったくそうは思わないけど。

1-3.家族による誘い、刷り込み
普通に誘われるってパターンの他に、小さい頃から親と一緒にパチ屋へ行ったので抵抗がない、ってのもあるんじゃない?
親子連れもちらほら居たおおらかな時代もあったと聞くし。

1-4.他者からの強制
上記に上げた項にも該当するかもしれないが、精神的圧迫、暴力の背景が原因で始めた人もいるんじゃない?
なんか問いかけばっかだけど。
具体例を色々思いついたが、悲しくなったので止めとく。
該当する人がいればトラウマを刺激するかもしれないし。

2.自己発生
2-1.好きなコンテンツがタイアップした
以前働いていた会社の後輩がこれだった。エヴァンゲリオン。
最近も大型タイアップは多いけど、エヴァが出た当時ほど、デビュー臭がする人は見かけないな。

2-2.ゲーセンでの刷り込み
次世代パチンカー、スロッターを育成する虎の穴。それはショッピングモールにあるゲーセン。
普通に小学生くらいの子がパチンコやスロットしてるもんな。
そして普通に親が遊戯指南してるからな。
きっとパチ屋への抵抗なんてない。大きくなったら普通に行くんじゃない?

2-3.大人への階段
一昔前で言う煙草みたいな感じ?
このパターンは遊戯人口と共に減少傾向にあるんじゃないのかな。

2-4.稼ぐため
生活のために止むを得ずと言った必死なものから、遊んで金がもらえるなんてラッキーと言った楽観的なものまで。
よっぽどの傷ネタゲットか、騙されていない限り、これ始まりは少ないだろうな。

2-5.自分を成長させるため
あえて言うなら、パチ屋の店員になりたい(なった)人が、飯の種がどんなものか知るためって言ったところか?
最近の台は仕様が難しいからな。
でも身銭切らなくても覚えられる環境だろうとは思う。

2-6.おつげ
夢枕でおじいちゃんが言ったも含む。
希薄な人間関係により、心の寄る辺もない人々が、占いへの依存や偶発的な出来事に意味付けしてしまうのは、よく聞く話。
キエー!パチンコヤレバウンキガアガル!!!
ブレーキランプ5回点滅はハーデスのサイン。
うーん。ないな。うん。

2-7.下々の生活を見るため
誰だよ。

3.仕事
3-1.雑誌編集者、テレビリポーター
今年大学を卒業したばかり!新米ミニスカ女子社員が欲望渦巻く世界を体当たり取材!
クソ企画だわ。これ。

3-2.警察、公安
犯人、協力者の尾行や内偵で、こんな事するのかな?
テレビドラマの刑事は高確率で海物語打ってる。

3-3.マルサ
脱税の内偵で、こんな事するのかな?
不正の温床だからな。
とりあえず三店方式から何とかしようぜ。

3-4.スパイ
ミッション!かの国の情報を奪い取れ!

3-5.DAISUKI!
中山秀征とパチンコを打つ。
関連記事

スポンサード リンク


Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
広告

このブログについて
不自由な日本語で適当に書き殴ってます。
訳あって自由業。国民健康保険バカ高くてまいってます。

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ
BLOG RANKING FC2 スロットブログ スロット日記へ
月別アーカイブ
広告

PAGE TOP

パチスロ